Uncategorized

友人から上手くお金を借りる理由や言い訳とは?借りる際の注意点についても徹底解説

友人からお金を借りる方法を知りたい!という方に、この記事はおすすめです。上手に言い訳する方法や、借りやすい金額などを解説しています。

心理的に借りたくなる方法や借りる際の注意点についても見ていくので、ぜひ参考にしてみてください!

なぜ言い訳が必要なのか

友人からお金を借りる人は「お金にルーズ」「仕方のないやつ」というレッテルを貼られるケースが多いです。特に日本ではお金を借りるのはだらしない行為だと思われがちなので、悪いイメージはなかなか避けられません。

しかしお金が必要になる理由は人それぞれ。結婚の約束をしている恋人にプレゼントをあげることに命をかけている人もいますし、それをくだらないと思う人もいます。

こうした価値観の違いによるすれ違いや、相手を不安にするのを避けるために、潤滑油としてある程度の言い訳を用意しておいたほうが良い場合があるのです。

友人からお金を借りる際の言い訳9選

さっそく友人からお金を借りやすくなる言い訳について見ていきましょう。

1.家賃や水道光熱費が払えない

これは王道の言い訳でしょう。家賃や水道光熱費が支払えない状況は、命の危険につながります。

この言い訳をする際に大事なのは、「給料やバイト代が入ったら返す」というのを伝えること。今お金がないだけで普段はあるんだよ、というニュアンスが入っているからです。

返す当てのない人にお金を貸す人は少ないので、必ず返せるということを相手に伝えると説得力が上がります。

「家賃が払えなかったらホームレスになってしまう」という理由も効果的ですが、相手のことも焦らせてしまう可能性があるので、使うのはあまりおすすめできません。

2.仕事や学校で使うものを買いたい

仕事道具や勉強のための教材などを買うためなら、お金を借りやすくなる傾向にあります。

やはり仕事や勉強を頑張っている方は輝いて見えるので、それを応援したくなるのは当然といえば当然です。

ただしこの場合も、嘘はなるべく避けましょう。応援してくれた気持ちを裏切ることになります。例えば勉強の教材を買うのにお金を借りたとしても、そのお金をパチンコに使ってしまったら…

本当は資格試験などを受験していないのに、後から「試験に落ちた」などと言い訳をする回数も多くなってしまいます。

3.財布をなくした

これも効果的な言い訳です。しかしあなたがどんな財布を使っているのか知っているような家族や友人に嘘をつくと、すぐにバレてしまいます。

この言い訳は普段あまり付き合いがなく、たまに会う程度の知人や親戚にお金を借りる際に有効です。

もちろん嘘がバレたら人間関係が壊れる危険性があるので、嘘をつく際はあくまでも自己責任で。

4.犯罪の被害にあった

デート商法に引っかかった、空き巣に入られたという言い訳もあります。

相手が同情してお金を貸してくれる場合があります。

しかし犯罪に合ったというウワサが周囲に広がる危険もあるので、嘘をつく場合はある程度の覚悟も必要です。

「家賃が払えない」といったもう少し柔らかな言い訳のほうが、後々トラブルになることも少ないでしょう。

5.親が病気になり入院費用が必要

「親が病気」という理由は、会社をズル休みする際にも使われる言い訳ですね。

ただし自分の親と友人、または友人の親が知り合いだったりすると、この嘘はすぐにバレてしまいます。親が遠方に住んでいて、友人とのつながりが一切ない場合のみに使える言い訳です。

自分が病気になったと言い訳をすることもできますが、バレやすいので注意が必要です。

6.交通事故を起こしてしまった

「自分が原因で交通事故を起こしてしまい、修理費などを支払わなければいけない」「交通違反切符を切られてしまったが、金欠で罰金が払えない」という言い訳もあります。

ただしこれはあなたの親族と関わりがない友人に対して有効です。もしあなたの両親や家族の耳に事故を起こしたという話が届くと、嘘がバレてさらなるトラブルの元になります。

7.旅行や飲み会の費用が必要

社会人では断られる可能性が高いですが、学生なら友人から借りられる場合があります。

同じ学生の友人ならあなたの気持ちも分かるでしょう。ただし学生は頻繁に飲み会などのイベントがあるので、アルバイトをしたり節約したりなど、お金に困らないような工夫も必要です。

8.結婚資金

友人ならあなたの結婚をお祝いしてくれるでしょう。しかしお金がなくて結婚できない場合、友人が協力してくれることがあります。

結婚式の費用は親に借りる人が多いですが、親が事業で失敗したなどトラブルを抱えている場合は友人に借りる方法もあります。

ただし結婚資金は大金になりがちなので、一部を借りるだけなどの工夫をしないと借りられない可能性も出てくるでしょう。

9.冠婚葬祭に出席するお金が必要

葬式や結婚式にあなたが呼ばれた場合、一般には3万円~10万円ほどの香典やご祝儀が必要になります。

特に20代後半から冠婚葬祭に出席する機会が増えてきますので、冠婚葬祭を言い訳にするのもありでしょう。

50,000円未満なら借りられる可能性が高い

株式会社マクロミルによる「友人にお金を貸したことがある最高額は?」という調査があります。

この調査結果によれば、友人にお金を貸したことがある人が約63%。半数以上の人が友人にお金を貸したことがあるのです。またその金額で一番多いのは5,000円未満で26%、次いで10,000円以上50,000円以下が22%となっています。

また10,000円以上貸したことがある人が全体の29%いて、お金を貸したことがある人の約半数となっています。

また友人にお金を貸した理由の第1位が「趣味や遊び」で39%。第2位が「生活資金」の25%となっています。

こうやって見てみると、意外と友人からお金は借りられるものです。もちろん友人の数や信頼度によって難易度は異なりますが、借りる前から諦めるのは早すぎるということです。

友人からお金を借りるデメリット

消費者金融などから融資を受けられなくて、止む終えず友人からお金を借りるしかない場合はどうしようもありませんが、できれば友人からお金を借りるのは避けたいもの。

ここでは友人からお金を借りるデメリットについて見ていきます。

友人関係が壊れやすくなる

親しい友人なら、どうにもならないあなたの事情を分かってくれる場合もあります。

しかし期日までにお金を返さなかったり、嘘をついて借りていたりすると、どんどんあなたの信用が失われていきます。

あなたがお金にルーズだというウワサが友人の間で広まり、他の人に避けられたり、関係のない友人に悪口を言われる可能性だってあります。

また同じ友人から複数回の借金をした場合は、あなたから連絡がいくたびに「どうせまた借金の話だろう」と愛想をつかされてしまう可能性も。

友人からお金を借りる時は率先して借用書を書いて、相手の信頼を失わないようにきちんと返済に努めましょう。

裁判を起こされる可能性もある

いくら親しい友人だからといって、返済をしない状態が続くと、ついには裁判を起こされる、という事態になる場合があります。

友人との貸し借りで裁判になることは少ないですが、実際に詐欺罪で実刑を受けたケースもあります。昔は仲の良かった友人と裁判で争うとなると、精神的にも疲労してしまうでしょう。

特に嘘の言い訳をしてお金を借りて返済しなかった場合、訴えられる確率は上がります。友人との信頼関係を壊さないためには、「期日前に返済する」くらいの気持ちが大切ですよ。

心理的に借りやすくなる方法

ここでは相手の心理をコントロールして借りやすくする、秘密のテクニックをご紹介します。

初めに希望よりも大きな額を言う

これは「ドア・イン・ザ・フェイス」と呼ばれ、心理学的にも効果が認められている方法です。

最初に「50万円貸して欲しい」と言うと、まず相手は「貸せない」というはずです。その後「じゃあ30万円だけ。あとは自分で何とかする」「10万円だけでも貸してくれないか」と額を下げていくと、相手も「じゃあ10万円くらいなら…」となりやすいのです。

これはお金を借りる時以外にも、相手に頼み事をする際には全般的に使えるので、心理学に興味のある方はぜひ試してみましょう。

過去に助けてあげた人から借りる

過去に相談に乗ってあげた人など、自分に恩を感じている人に「お金を貸して欲しい」と頼まれると、なかなか断りにくいでしょう。

ましてやあなたがお金を貸したことがある人なら、なおさらです。

恋人から借りる

行為を持っている相手にも、お金を貸してあげたくなる傾向に。

彼氏や彼女にお金を貸してそのまま返してもらっていない、という方は結構います。また別れた彼氏や彼女にお金を貸している場合、なかなかお金を返してと言えない状況になるでしょう。

もちろん返すのを前提で借りましょう。ただし何度も借りると「お金にだらしない人」のレッテルを貼られ、別れを切り出される可能性もあるので、ほどほどに。

借用書に実印を押す

これは友人に本気度を示すためです。

認印ではなく、印鑑登録されている実印を使うことで、相手からの信頼度が高まります。

このほかにも本気度を示す方法として、

・電話やメールではなく対面でお願いをする
・嘘をつかず正直に事情を説明する

あなたの振る舞いやその後の行動次第では、むしろ相手に好印象を与える可能性だってあるのです。

借りた後の使い方も大事

友人からお金を借りられたとして、そのお金をギャンブルで使ってしまうといった事態になると、やはり信用を失いかねません。

ギャンブル仲間からお金を借りた場合は良いかもしれませんが、ギャンブルに良い印象を持っていない方も多いのです。

遊びのために借りたお金であっても、友人が喜ぶような使い方をすると、信頼関係が壊れにくいでしょう。

もちろん次はお金に困らないように仕事やアルバイトを頑張るなど、対策を講じることも必要です。

友人からお金を借りる際のコツや注意点

ここでは友人からお金を借りる際のコツや注意点について見ていきます。

借りるのは少額にする

友人からお金を借りるためには、少額にするのが効果的です。おすすめは5万円以下。学生なら1万円以下が妥当でしょう。

いきなり「10万円貸して」と言われても、ほとんどの人は躊躇するはずです。本当に10万円必要で困っている場合は別として、借りる額が少なければ少ないほど、相手に負担をかけることなく借りられるでしょう。

無理な返済計画を立てない

分割払いで友人からお金を借りる際は、毎月ギリギリ返済できそうな額ではなく、余裕を持って返済できる額をお願いしましょう。

お金の工面で焦っている方は特に注意が必要。相手からお金を借りたい一心で、返済の当てもなく「来週中には返すから!」と言ったり、できない約束をしてしまいがち。

そして返済を催促されたらまた焦って「来週までには…!」と負のループを繰り返してしまうのです。これが続くと友人から信頼を失うだけではなく、先ほども触れたように詐欺罪に問われる可能性だってあるのです。

初めは軽い気持ちで言っただけの約束も、あなたをどんどん追い込んでいくことに。

こんな場合は無理をせずに少しずつでも返済できないか、友人に相談することが大切です。

優しい人から借りる

あなたのお願いを聞いてくれやすい、優しい人にお金を借りるのも大切なポイントでしょう。

いつも他人に文句を言ってばかりいるような友人に借りてしまうと、借りられたとしても陰で悪口を言われたり、弱みにつけこまれる可能性もあります。

あなたの話を親身に聞いてくれるような友人のほうが、お金を借りやすいでしょう。ただしきちんと返済をしないと、その優しい友人さえ失う可能性もあります。

思いやりのある友人ほど、返済する際はこちらも真摯に対応することが大切です。

借用書を書くと安心感が高まる

友人からお金を借りる際は、借用書を書くと相手の安心感が高まります。

借用書は手書きとパソコンのどちらで作成しても構いませんが、次の項目を漏れなく記入することが大切です。

・「借用書」というタイトル
・借用書を作成した日付
・お金を借りたことが分かる一文
・自分の住所、氏名(直筆)、押印
・相手の氏名(直筆)
・金額
・利息
・返済日
・返済方法
・借りた額が1万円以上の場合は収入印紙

以上のことを借用書に記載すれば、借用書は法的な効力を発揮します。きちんと借用書を作成すれば「この人は信用できる」と、お金を貸してくれることにもつながります。

消費者金融や銀行カードローンの利用もおすすめ

友人からお金を借りられなかった方や、友人に借りるのは気まずいという方は、消費者金融や銀行カードローンから融資を受けましょう。

もちろん必ず借りられるわけではありませんが、仕事やアルバイトを2ヶ月以上続けている人であれば、借りられる可能性は高いです。

ただし他の消費者金融からすでに借り入れをしている方や携帯電話の未払いがある方、過去に自己破産や債務整理の経験がある方は、審査落ちする可能性大。

友人から借りる場合と違い、複数の金融機関で審査に落ちると「審査ブラック」の状態になり、どの金融機関からも借りられなくなる可能性があります。

消費者金融や銀行カードローンを利用したい方は、滞納している料金などをしっかり払い終わってから申し込むのがおすすめ。

ちなみに銀行カードローンでは難しいですが、消費者金融では「即日融資」をしている場合が多く、今すぐお金が必要という方には心強い味方になってくれるでしょう。

友人からお金を借りる方法まとめ

友人からお金を借りる方法をさまざま見てきました。

やはりお金を借りるには信頼関係が大切ですね。誰かからお金を借りる可能性がある方は、普段から相手との信頼関係を築くよう心がけましょう。

また状況によっては借用書を書いたり心理学を応用することで借りられる可能性が高まります。

友人からお金を借りやすくなる方法をまとめると、以下のようになります。

・借りる額は50,000円以下で、できるだけ少なく
・その後の関係が壊れないような言い訳を
・借用書を書いて本気度を示す

これらのことを実践すれば、お金を借りられる可能性が高まるはずです。

お金を借りなくても良い状況を作り出すのが一番ですが、まずはあなたの追い込まれた状況を打開するために、この記事の内容をぜひ活用してみてください!